AppleのARメガネのビジネスチャンスはどのくらい大きいのか?

AppleのARメガネのビジネスチャンスはどのくらい大きいのか?

Appleが今年中に仮想現実または拡張現実用のヘッドセットを発表するのではないかという憶測が高まる中、あるウォール街のアナリストは、同社のビジネスチャンスを大きめに見ることにしました

結局のところ、このヘッドセットは2022年のApple株(AAPL)の牽引役となる可能性があると言います

Evercore ISI アナリストの Ami Daryanani氏は、顧客向けメモで、Appleが今年後半に初のコンピュータ用ヘッドセットを発表すると予想していると述べています

Appleは、4年以上にわたってヘッドセットの開発に取り組んできたと言います

基本的なシナリオでは、AppleのヘッドセットはAppleWatchに匹敵する軌道を持っているだろうとDaryananiは言いました

そのため、市場での5年目には、売上高181億ドル、1株当たり利益19セントに貢献すると同氏は述べ、これは、推定売上高と収益の約4%から5%になります

強気のシナリオでは、ヘッドセットはAirPodsワイヤレスイヤフォンの採用傾向を踏襲することになります、つまり、売上高は380億ドル、一株当たり利益は41セントになるという。その場合、売上高と利益の約8%を占めることになります

スポンサーリンク


Appleは2つのヘッドセットを開発中と報じられています

1つ目は、複合現実(AR/VR)ヘッドセットで、小売価格は約3,000ドルと見込まれています、これは主に、2023年または2024年に登場するAppleの軽量ARメガネ用のアプリとコンテンツを準備するために使用する開発者にアピールします

Appleにとって真のビジネスチャンスとなるのは、この2番目のデバイス、つまりメインストリーム向けのデバイスなのです

(Via Investor’s Business Daily.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)