iOSのバグにより、特定のネットワーク名でiPhoneのWi-Fi接続ができなくなることが判明

iOSのバグにより、特定のネットワーク名でiPhoneのWi-Fi接続ができなくなることが判明

iOSには、iPhoneのWi-Fi接続を不能にする無線ネットワーク名のバグが発見されています

セキュリティ研究者のCarl Schou氏は、「%p%s%s%s%s%n」という名前のWi-Fiネットワークに参加した後、iPhoneのWi-Fi機能が「永久に無効」になることを発見しました

BleepingComputerによると、ホットスポットのSSIDをを変更しても問題は修正されず、再起動しても違いはありませんでした

この問題を再現できた他のユーザーによると、このバグは、ネットワーク名に最初に使われているパーセンテージ記号に関連している可能性があるとのことです

これにより、iOSが「%」の後に続く文字を文字列形式指定子として誤って解釈するという入力解析の問題が発生します


スポンサーリンク


C言語やCスタイルの言語では、文字列形式指定子は特別な意味を持ち、言語コンパイラによって標準テキストではなく、変数名やコマンドとして解析されます

Android端末は影響を受けていないようですが、この問題に見舞われたiPhoneは、Wi-Fiホットスポットを再び接続する前にネットワーク設定をリセットする必要があります

リセットを実行するには、「設定」アプリを開き、「一般」>「リセット」の順にタップし、「ネットワーク設定をリセット」をタップして、プロンプトで要求を確認します

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)