Apple、iPhoneのセキュリティアップデートだけをインストールできるようになる可能性がある

Apple、iPhoneのセキュリティアップデートだけをインストールできるようになる可能性がある

今日公開されたiOS 14.5 beta 4に含まれている隠されたコードによると、Appleは近いうちに、アップデートのセキュリティ部分だけをiPhoneにインストールできるようにするかもしれません

9to5Macの今日発表された新しいレポートによると、最新のiOS 14.5ベータには隠しコードがあり、AppleがiOSのセキュリティアップデートを提供する新しい方法に取り組んでいることを示唆しています

現在Appleは、セキュリティアップデートを個別にインストールすることを許可していおらず、同社はアップデート全体でセキュリティフィックスをプッシュしており、アップデート全体をインストールしないと、セキュリティフィックスもインストールされません

iOS 12以前の古いデバイスについては、同社はセキュリティフィックスを全く提供していません

しかし、こうした状況はすぐに変わる可能性があります、設定の 「ソフトウェア・アップデート」 セクションに新たに追加されたセクションには、iPhoneとiPadのセキュリティアップデートのインストールのトグルがあります

これにより、ユーザーはアップデートのセキュリティ部分のみをインストールできるようになります、このレポートでは、この機能の奇妙な実装についても取り上げています

スポンサーリンク


iOS 14.5で見つかった新しいコードには、セキュリティアップデートのような特定のアップデートをダウンロードしたら、別の利用可能なiOSアップデートをインストールする前にそれを削除する必要があるかもしれないと書かれています

記事によると、Appleがこの機能を実装するためのノウハウはないと言います

このようなアップデートの一例としては、iOS 15がリリースされた際に、同社がアップデートのセキュリティ修正のみをインストールするオプションを提供したことが挙げられます

先週、AppleはiOS 14.4.1のセキュリティアップデートをリリースし、そこにはWebKit関連の重大なバグフィックスが含まれていいました

この新しいアップデートの実装は、iOSのフルアップデートを受けていない多くの古いAppleデバイスに恩恵をもたらす可能性があります

Appleは、macOSにおいても同様の実装を行っており、ユーザーが最新のmacOSバージョンをインストールすることなく、セキュリティパッチやバグフィックスを入手できるよう、macOSのフルアップデートと同時に個別のセキュリティアップデートを配信しています











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)