Appleは世界のウェアラブルマーケットを支配し続けている

Appleは世界のウェアラブルマーケットを支配し続けている

International Data Corporation(IDC) Worldwide Quarterly Wearable Device Trackerの最新データによると、2020年第4四半期のウェアラブル・デバイスの出荷台数は1億5,350万台に達し、前年同期比27.2%増となり、世界のウェアラブル市場でAppleが引き続き優位に立っています

また、通年の出荷台数は28.4%増の4億4,470万台となりました

IDC Mobile Device TrackersのリサーチマネージャーであるJitesh Ubrani氏は、 「第4四半期は、新製品や典型的な季節性に伴う支出の変化が見られた一方で、パンデミックにより多くの消費者が健康やフィットネスに関心を持つようになったことは、市場にも好影響を与えています」 と述べています

機器別では、ヒアラブルが64.2%と最も多く、次いで時計が24.1%のシェアとなりました

2020年第4四半期の出荷量、市場シェア、および前年比成長率別のウェアラブルデバイス企業トップ5(出荷数百万単位)

Wearable Device 2020Q4 00001
Ramon Tは「2020年は、ヒアラブルが必須のデバイスとなった年でした。ヒアラブルは、特に自宅での隔離時だけでなく、公共の場での外出時にも、新たなプライバシーを提供しました。ヒアラブル市場を支えているのは、競合他社が徐々に市場に参入してきたこと、ベンダーが新しいフォームファクターを導入したこと、自動ノイズキャンセリングや音声アシスタント機能などの新機能が価格カーブに沿って登場したことなど、常に変化している状況でした」と述べています

スポンサーリンク


Appleは第4四半期の出荷台数の36.2%を占め、再び市場をリードしました

Apple Watchは、価格帯の異なる3つのモデルの訴求により、45.6%増加しました、また、ヒアラブルの出荷台数も急増しましたが、前年同期比の成長率は、前2四半期の28%、29%から22%に低下しました、この成長の鈍化は、ここ数四半期の間に市場で大量の導入が行われたことを反映しています

全体的な成長の原動力となったのは、昨年から55.5%成長したヒアラブルラインの拡大であり、その大部分は中国とアジア太平洋地域に集中しています

2020年の出荷量、市場シェア、および前年比成長率別のウェアラブルデバイス企業トップ5(出荷数百万単位)

Wearable Device 2020Q4 00002
腕時計の出荷台数が18.2%増加し、リストバンドが33.7%減少するなど、徐々にリストバンドから腕時計への移行を始めてます、世界のウェアラブル市場は依然として多国籍ブランドに支配されているため、世界規模での拡大は困難になるかもしれません

(Via IDC.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)