iOS 14.5ではApple WatchでiPhoneのロックを解除する機能が含まれる、ビデオを公開

iOS 14.5ではApple WatchでiPhoneのロックを解除する機能が含まれる、ビデオを公開

Appleは本日、開発者向けにiOS 14.5とiPadOS 14.5のベータ版アップデートを公開しましたが、新ソフトウェアに含まれているのは、Apple Watchを活用してマスクをしたままでもiPhoneのロックを解除しやすくする機能です

オプトイン設定では、Face IDと認証されたApple Watchを組み合わせてiPhoneのロックを解除する機能をオンにすることができます

この設定は、「設定」>「Face IDとパスコード」セクションに行き、パスコードを入力し、「Apple Watchでロックを解除する」をオンにすることで確認できます

この機能を有効にするには、iOS 14.5とwatchOS 7.4の両方が必要で、一度オンにすると、マスクを着用している間にロック解除と認証されたApple Watchを開始することができます

初めてiPhoneのロックを解除するときは、パスコードを入力する必要がありますが、その後は、Apple Watchのロック解除はスムーズでシームレス、かつ迅速に行われます

マスクをしてFace IDを使いに行くと、手首にハプティック振動を感じ、iPhoneがロック解除されたことを通知する通知が手首にポップアップします

スポンサーリンク


Face IDは通常のiPhoneと同じように機能するので、Apple Watchを通してしか違いを感じることはありませんが、「AppleWatchで iPhone のロックを解除」とわずかに遅れて表示されされます

これは、iPhoneとApple Watchの間の距離に依存しているようで、認証されたApple Watchが遠くにある場合、近づくように指示されます

ロックを解除するたびに振動を感じ、ポップアップが表示されます。認証済みのApple Watchを使ってMacのロックを解除する機能は、長い間使われて来ています

Apple WatchでApple PayやApp Storeを購入したり、Face IDを使用するAppで認証に使用したりすることはできません、このような場合はマスクを外して標準のFace ID認証を使用するか、パスコードを入力する必要があります

セキュリティや可能性のある認証がこの方法でバイパスされることを懸念している場合、この機能は完全にオプトインであり、デフォルトでは有効になっていません

これを動作させるには、アンロックされたApple Watchが必要なので、iPhoneまたはApple WatchのパスコードによってアンロックされていないApple Watchでそれを使用する方法はありません

全体的に見て、アンロックされたiPhoneとペアリングされたApple Watchは、標準的なFace IDによるアンロックと同じくらいシームレスにアンロックされ、ほぼ同じ速さであるため、これは、マスクを着用している間にiPhoneを使用している人にとって歓迎すべき変更です

将来のiPhoneには、Face IDのほかにTouch IDが搭載されるかもしれないが、今のところ、これはApple Watchを持っている人にとって便利な解決方法です

(Via MacRumors.)
Macのロック解除にApple Watchを使用している場合に、それぞれで状態に合わせて利用できるのかどちらか一方でのみの解除になるのか気になるところではあります











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)