iOS 14のピクチャー・イン・ピクチャーはSafariを使ったYouTubeのモバイルサイトでは動作しない、その回避策

iOS 14のピクチャー・イン・ピクチャーはSafariを使ったYouTubeのモバイルサイトでは動作しない、その回避策

iOS 14の新機能の1つは、ピクチャー・イン・ピクチャーのビルトインサポートです、これは、iPhoneで他のことを続けながら、デバイスの小さな画面でビデオを見ることができるように設計された機能です

YouTubeアプリはピクチャー・イン・ピクチャーをサポートしていませんが、昨日まで、YouTube.comの動画をSafari inピクチャー・イン・ピクチャーモードで視聴できるようにする機能的な回避策がありました

現在のところ、バグなのか意図的な削除なのかは明確ではありませんが、その回避策を利用できなくなっていて、モバイルYouTube Webサイトのビデオでピクチャー・イン・ピクチャーを使用しようとしても、うまくいきません

フルスクリーンモードでピクチャー・イン・ピクチャーボタンをタップすると、一瞬動画がポップアップしますが、すぐにウェブサイトに戻ってポップアップするので、ピクチャー・イン・ピクチャーウィンドウとして使用することはできません

Jay Peters氏がTwitter経由で機能停止のビデオを公開しています


スポンサーリンク


ピクチャー・イン・ピクチャーはiPadのYouTube.comで動作し、サードパーティの Webサイトに埋め込まれたYouTubeの動画はピクチャー・イン・ピクチャー モードで再生できるようですが、YouTubeのWebサイトではピクチャー・イン・ピクチャーは機能しません

回避策

このピクチャー・イン・ピクチャー機能はいくつかの方法で動作します

  • YouTubeのビデオが埋め込まれた別のWebサイトをロードして、ピクチャー・イン・ピクチャーを立ち上げる
  • SafariでYouTube.comのデスクトップサイトをリクエストすると、ピクチャー・イン・ピクチャーが機能する
  • YouTube Premiumに加入しているユーザーは、全く問題なしに動作する

iPadのSafariはデスクトップ版が動作しているので無料のYouTubeユーザーでも、ピクチャー・イン・ピクチャーを利用できます

興味深いことには、YouTubeがこの機能のサポートを中止したらしいことで、昨日は問題なく動作していましたし、多くの人が指摘するようにiOS 14 ベータ版時にも動作していました

(Source MacRumors , Via iDownload Blog.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)