iOS 13の内部ビルドで発見された「Appleタグ」ユーザーインターフェイス

iOS 13の内部ビルドで発見された「Appleタグ」ユーザーインターフェイス

MacRumorsは、AppleがiOS 13の「探す」アプリのために開発している新しい「アイテム」タブの、初めてのスクリーンショットを入手しました

このタブは、今日リリースされたソフトウェアアップデートのパブリックバージョンでは使用できません

「探す」 アプリ の既存の「人を探す」および「デバイスを探す」タブと同様に、「アイテム」タブの上部にはマップが表示され、下部にはユーザーのApple IDアカウントに関連付けられたアイテムのリストが表示されます

「探す」アプリの既存の「自分」タブは、すべてのタブのマップ上にあるアバターに移動します、新しい「アイテム」タブは、Appleの噂のタイルのようなアイテム追跡タグ(コードネーム「B389」)と密接に統合されます

Apple Tags 00001 z

タブの「追加」ボタンをタップすると、ユーザーはいわゆるAppleタグが付いているアイテムの位置を直接「探す」アプリで追跡できるようになります

スポンサーリンク


このタブは、ユーザーに「日常のアイテムにB389のタグを付け、二度と失うことはない」ことを知らせ、Appleが取り組んでいることを明らかにしています

「探す」アプリを介して、ユーザーはタグがペアになったiPhoneの範囲外に移動したときに通知がトリガーされるように手配できます

または、タグデバイスはオーディオ再生機能をサポートし、チャイムを鳴らすことで失われたアイテムを回復できます、同様の手法が現在AirPodsで採用されています

さらに、タグはARKitの統合とAppleの新しい「Lost Mode」のサポートを特徴とする可能性があります

クラウドソーシングリカバリシステムは、紛失したデバイスまたはこの場合はタグからBluetooth信号を近くのiPhoneに送信し、匿名化された位置情報データとともにpingをiCloudに中継します

Appleがタグをリリースすることを保証することはできませんが、確かにタグに取り組んでおり、噂される10以降のイベントで公開される可能性が在ります

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)