【iOS 13の新機能】システム全体および一般設定:再設計された共有シートと外観が変わったマークアップツール

【iOS 13の新機能】システム全体および一般設定:再設計された共有シートと外観が変わったマークアップツール

再設計された共有シート

共有シートは完全に再設計されており、ヘッダーには共有対象の基本情報、クイック連絡先、新しい垂直アクション拡張リストが含まれています

Shared sheet 00001 z

共有シートには共有オプションが推奨

クイックコンタクトの列には、頻繁に電話やメッセージを送信する人だけでなく、AirDropのデバイスも含まれているため、コンテンツをより高速に転送できます

スポンサーリンク

共有拡張機能に移動したAirDropボタン

共有シートのAirDropは、共有オプションの行にあるアプリスタイルのアイコンになりました

ただし、AirDropを頻繁に使用するデバイスは、クイックコンタクトの行に表示されます

Shared sheet 00005 z

AirDropボタンをタップすると、デバイスはユーザーのデバイスと他のユーザーのデバイスによって分離されます

Shared sheet 00008 z

共有シートのアクションオプションは、行ではなくリストにあります

「共有」シートのアクションオプションは、下の行の横に並んだオプションは垂直リストに移行しました

共有拡張機能とアクション拡張機能をより明確に区別します

Shared sheet 00009 z

スポンサーリンク

外観が変わったマークアップツール

鉛筆やマーカーなどのマークアップツールアイコンは、今では単なるアウトラインででしたが実際のアイコンのように変わりました

Markup Tool 00001

新しく不透明度マークアップツール

マークアップツールでプラス「+」アイコンをタップすると、「不透明度」の新しいオプションがあり、

Markup Tool 00002 z

さまざまな不透明度で白いオーバーレイを追加できるスライダーが提供されます

Markup Tool 00003 z

したがって、画像よりもマークアップに注意を向ける必要がある場合は、画像の上に半透明の白いレイヤーを追加して、気が散らないようにすることができます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)