Apple、iOS 13 Public Betaはバギーでここ数年で最悪のベータ版の可能性が

Apple、iOS 13 Public Betaはバギーでここ数年で最悪のベータ版の可能性が

iOS 13 Public Beta

本日 Appleは、Betaソフトウェアプログラムのメンバに「iOS 13 Public Beta」をリリースしました

ZDNetによると、「iOS 13 Public Beta」をちょっと見てみると、まだ準備ができているわけではなく、最悪のベータリリースの1つになる可能性があると指摘しています

アプリがクラッシュしたり壊れたりし、パフォーマンスがひどく、ダークモードはいくつかのアプリを使い物にならないものに変えています、そしてオーディオ関連の奇妙な問題があります

開発者のMarco Arment氏は次のように述べています

ベータ版をまだインストールしないでください
まだたくさん問題があり、待つ方が良い

スポンサーリンク

Developer beta 2では
・ メモが頻繁にクラッシュする
・ メールには大量のUIバグがあります
・ iPadを使っていないときも再起動する
・ iPadのFace IDはしばしば壊れる
・ Instagramは奇妙なUIの不具合を持っています

大変悪く、ここ数年で最悪のベータ版です

特に出力デバイスの切り替え、音量調節、AirPods の Siri の使用に関するオーディオバグが非常に多い

と言うことなので、影響のないサブ機にインストールするか、または暫く様子を見る方が良いかもしれません











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)