Apple、Betaソフトウェアプログラムのメンバに「watchOS 6 Public Beta」への招待状を送付

Apple、Betaソフトウェアプログラムのメンバに「watchOS 6 Public Beta」への招待状を送付

Betaソフトウェアプログラムのメンバに

Appleからソフトウェアプログラムのメンバに「watchOS 6 Public Beta」への参加を勧める旨の電子メールがユーザーに送信され始めています

電子メールは、参加者がプレリリースソフトウェアをテストし、ユーザーにAppleへのフィードバックを提供することを勧めています

Appleは誰でも参加できるパブリックベータプログラムを運営しているが、AppleSeedは人々を招待して参加することを義務付けています

参加者はコミュニティディスカッション掲示板を使用して提供され、アンケートが送信され、フィードバックアシスタントアプリを使用して品質とユーザビリティの問題を Apple に直接報告できます

WatchOS 6 Pablic beta 00001 z

スポンサーリンク


もう一つの大きな違いは、AppleSeedがAppleの秘密保持契約の対象となり、ユーザーが自分の経験について他の人に言うことを制限していることです

また、Apple が通常の開発者やパブリック ベータ版よりも、AppleSeed を介してユーザーにソフトウェアのビルドをわずかに異なるビルドで提供する可能性もあります

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)