iOS 13のマルチカムサポートにより同時キャプチャが可能

iOS 13のマルチカムサポートにより同時キャプチャが可能

同時キャプチャ

iOS 13では、Appleがマルチカムサポートを導入し、1つのiPhoneまたはiPadで複数のマイクとカメラから写真、ビデオ、オーディオ、メタデータ、深度を同時にキャプチャすることができます

AppleはOS X Lion以来長い間macOSでのマルチカメラキャプチャをサポートしてきましたが、今までのところハードウェアの制限によりiPhoneやiPad用のAPIのロールアウトが妨げられていました

Appleは、カメラアプリが前面と背面のカメラモジュールを同時に利用できるようにする新しいAPIを導入しています

マルチカムサポートはiOS 13で

Multi cam support 00003 z
マルチカムのサポートにより、iPhoneの背面カメラを使ってシーンを撮影しながら、正面のselfieカメラを使って自分の反応を初めて捉えることができます

また、複数のカメラとマイクから同時にメタデータ、オーディオ、深度を取り込むこともできます

iPhone XSでは、電話機の背面にあるデュアルカメラから別々のストリームをキャプチャしている場合は、selfieカメラモジュールからもキャプチャできません

Selfieカメラのキャプチャは、iPhoneの背面カメラモジュールの1つ(広角または望遠センサー)からの画像またはビデオとのみ組み合わせることができます

スポンサーリンク

制限があり

  • これらの機能を楽しむには、Appleの最新のiOSデバイスが必要です
  • iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、および2018 iPad Proだけ
  • Multi cam support 00005 z

  • 同時に使用できるのは、特定のカメラセンサーの組み合わせのみ
  • Multi cam support 00004 z

  • マルチカムのインスタンスは1つしか実行できません

ポートレイト写真の向上

Appleはまた、iOS 13にSemantic Segmentation Mattesと呼ばれる新技術を導入しています

これにより、肌、髪の毛、歯のようなものをよりよく識別して、ポートレートの写真や効果を向上させることができます

WWDCでのデモンストレーションで、Appleは、人の顔を自分の髪や歯から切り離して、バーチャルフェイスペイントや染毛剤を適切な場所に塗ることができる方法を示しました

(Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)