iOS 13 では、ユーザーの充電ルーチンを学習する「充電の最適化」機能を導入

iOS 13 では、ユーザーの充電ルーチンを学習する「充電の最適化」機能を導入

ユーザーの充電パターンを学習

iOS 13のAppleはiOSデバイスのバッテリ寿命を延ばすように設計された新しい「充電の最適化」機能を導入しました。

「設定」>「バッテリー」セクションにあり、オプションのトグルはユーザーの充電ルーチンを学習し、iPhoneを必要とするまで80%の充電で停止します
IOS 13 Battery 00001
たとえば、普段に寝ている間に充電する場合、すぐに80%まで充電し、残りの20パーセントを充電するには1時間程度待つ必要があります

これにより、iPhoneを充電器で100%近くに保つのではなく、バッテリーの状態に最適な容量に保つことができます

充電器と繋いでいる間にバッテリーの充電を続けないようにすることで、デバイスが最大容量で消費する時間が減り、時間の経過とともにバッテリーの寿命が延びる可能性があります

スポンサーリンク

2018年のバッテリー問題

Appleが、劣化したバッテリでiOSデバイスのプロセッサ速度を抑制し、可能な限りデバイスの寿命を延ばすことが判明した後、バッテリの健全性は、昨年に大きな話題となり、Appleは対象機種に対してバッテリ交換の料金を割引することになりました

この問題により、Apple はバッテリーの全体的な状態についてより詳しく説明するようになり、設定のバッテリー部分の容量とパフォーマンスに関する詳細を提供しました

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)