iOS 11.4のUSB制限モードで、iPhoneをハックするのがより一層困難になる

iOS 11.4のUSB制限モードで、iPhoneをハックするのがより一層困難になる

iPhoneをハック

iOSを安全に保つためのAppleの最善の努力にもかかわらず、セキュリティとリサーチ会社は、AppleがiOSに取り入れているより高度なセキュリティ対策の多くを回避する方法を見つけ出してきました

例えば、今年の初め、Cellebriteという会社は、iOS 11を実行しているiPhone Xなど、iOSのさまざまなバージョンを実行しているiPhoneのロックを解除できるソリューションを手に入れたという

もっと最近では、パスワードで保護されたロックされたiPhoneにアクセスできるGrayKeyと呼ばれるiPhoneハッキングマシンの言葉を思い出してください。ほとんどの驚きは、15,000ドルで販売されていると言われるこのマシンは、全米の法執行機関に人気があることが証明されています

スポンサーリンク

USB制限モード

そのすべてを考慮すると、iOS 11.4の最新のベータ版にはUSB制限モードが搭載されているため、セキュリティ企業がロックされたiOSデバイスからデータにアクセスしてデータを収集することは、一層困難になります

Elcomsoftからの報告書によると、Appleの最新のiOSを実行しているデバイスのロックが解除されることなく、7日以上になった場合、Lightningポートは充電にしか使用できない、つまりデータ転送は不可能であると言っています

この開発によって現在のロック解除方法が妨げられる可能性は高いものの、iOSセキュリティでAppleとハッカーの間で行われている猫とネズミのゲームは決して終わらないという歴史があります

(Via BGR.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)