Apple、iOS 11.4の「AirPlay 2」について知っておくべきことのすべて

Apple、iOS 11.4の「AirPlay 2」について知っておくべきことのすべて

AirPlay 2は、HomePod、Apple TV、iOSデバイス、およびサードパーティのスピーカーでストリーミングオーディオの新しい機能を強化します

アップルのワイヤレスストリーミングプロトコルの後継機であるAirPlay 2は、iOS 11.3 beta版から削除されましたが、iOS 11.4の公式リリースで最終的に登場するようです

昨日の開発者、本日のBetaソフトウェアプログラムのメンバーに公開された「iOS 11.4」と「tvOS 11.4」で再リリースされています

セットアップ

現在、HomeKitをサポートする唯一のデバイスは、tvOS 11.4のベータ版を実行しているApple TVです、更新後、HomeKitルームの1つにApple TVを追加することができます
Apple TV Update 007
これは、iOSデバイスのホームアプリか、Apple TVの「設定」> 「AirPlay」> 「Room」のいずれかからいつでも変更できます

スポンサーリンク

オーディオを再生する

Apple TV Update 008
オーディオをAirPlay 2スピーカーにキャストするには、常に同じように動作します。コントロールセンター内、またはAirPlayボタンを含むアプリからiOSデバイスにアクセスできます

最大の違いはAirPlay 2デバイスの右に円の中に「✓」マークが付いているのに対し、AirPlay 1デバイスは付いていません
これは、一度に複数のAirPlay 2スピーカーに送ることができることを意味します

Siriに複数のスピーカーにオーディオを再生するよう依頼することもできます、「Hey, Siri」と言い場所を伝えることで、リビングと寝室で再生することなどが出来ます

残念ながら、iOS 11.4の最初のベータ版では、これは機能していないようです、Siriはあなたの要求を満たしますが、実際には実行されません

スピーカーサポート

現在サポートされている唯一のAirPlay 2デバイスはApple TVです、これは、AirPlay 2のリリース後すぐに変更されます
Apple TV Update 010
HomePodは、Libratone Zippのようなサードパーティのスピーカーの接続だけでなく、それをサポートします

WWDCでは、Appleは今後のストリーミングプロトコルのサポートを約束したいくつかのメーカーを強調しました

スポンサーリンク

現在の制限

Siriでの問題以外にも、HomeKitのサポートに関しては制限があります、実際、ホームアプリでのみしか再生/一時停止できません

将来的には、Appleはホームキットのスピーカーをシーンに追加する機能を含め、フルサポートを追加します
Apple TV Update 011
シーンがアクティブになると、プレイリストや曲を再生するように設定できます、また、それらの場面で他のホームキットデバイスとペアリングすることもできます

活発な音楽や暖かい灯りで午前中に目を覚ましたり、週末のパーティーミックスにクレイジーなライトとパーティーミュージックを取り入れたボタンプレスをつけて、特定の時間に設定することも出来るでしょう

AirPlay 2はiOS 11.4とtvOS 11.4で利用できる予定です

画像元:appleinsider
(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)