はやくも、iOS 11.4の新機能がわかるビデオが公開される

はやくも、iOS 11.4の新機能がわかるビデオが公開される

iOS 11.4 betaの新機能

本日、Appleは「iOS 11.4 beta (15F5037c)」を開発者にリリースしました

今日のベータ版は、iOS 11.3が新しいAnimoji、バッテリーヘルスツール、ARKitの機能強化などでリリースされてから1週間以内にリリースされました

次のビデオで公開されている変更点は

  • 新しいClassKitフレームワークのサポート
  • iCloudでメッセージが返されます
  • HomePodステレオペアリング、未リリースのHomePodアップデートが必要です
  • AirPlay 2のサポート


スポンサーリンク

iCloudのメッセージ

もともとWWDC 2017で発表されたiCloudのメッセージは、ユーザーのメッセージ「スタック」をデバイス間で同期させる機能です
これは、ユーザーが同じアカウントでログインしているすべてのデバイスで同じメッセージを表示できることを意味します

一方のデバイスで削除されたメッセージは、他のデバイスから削除されます。最新のメッセージはデバイス上に保存され、古いメッセージはiCloudに保存されます

この機能はもともとiOS 11用のベータ版には登場しましたが、5回目のベータ版では削除されました
当時、Appleはこの機能が将来のソフトウェアアップデートで出荷されるだろうと述べています

iCloudのメッセージは最初のiOS 11.3ベータ版で再現されましたが、後のベータ版では再び消えました

AirPlay 2

WWDC 2017で初めて発表されたAirPlay 2は、AirPlayワイヤレス標準へのアップデートで、マルチルームオーディオ、HomeKit統合、およびユーザーが自宅全体でコンテンツを聴いたりコントロールすることができるほかのシステムレベルの改良を加えます

Appleはこれまで、AirPlay対応のデバイスをアップデートしてAirPlay 2をサポートすることができるとアドバイスしていました、スピーカープロデューサーのSonosを含む第三者メーカーは、AirPlay 2との互換性を約束していますが、この規格をサポートする製品リリースはまだありません

AirPlay 2のサポートは、iOS 11.3とtvOS 11.3の最初のベータ版に最初にリリースされましたが、後のベータ版では削除され、完全なiOS 11.3公開リリースの一部として届きませんでした
ベータ版の再登場により、AirPlay 2が一般公開される前に、より多くのテストが完了することが期待されます

新しいClassKitフレームワークのサポート

先週の「Field Trip」イベントで発表されたClassKitは、開発者が今後のSchoolworkアプリを自分のアプリに追加するためのAppleのフレームワークです

6月にはMac版のClassroomのベータ版と並んで、学校の仕事は教師がデジタルで学生に配布資料を渡し、課題を完了するための設定を行うためのツールです
ノート、PDFドキュメント、WebリンクはiPadアプリを使って生徒に送信でき、教師はアクティビティの進捗状況を監視し、完了後に課題を受け取ることができます

教師は、アプリ内で特定のアクティビティを割り当てたり、アプリの特定のエリアに直接指導することもできます

ClassKitは、開発者がこのようなアプリ内アクティビティをより簡単に行うことを可能にすることを目的としています

画像元:appleinsider
(Via appleinsider.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)