Apple、ARKitt対応アプリが6ヶ月で1,300万ダウンロードを記録

Apple、ARKitt対応アプリが6ヶ月で1,300万ダウンロードを記録

市場調査会社Sensor Towerの最新の統計によると、AppleのARKitは、昨年9月に発売されたフレームワーク以来、1,300万以上の拡張現実感のアプリケーションがダウンロードされていると報告

Sensor Tower Store Intelligenceが収集したデータによると、iOS App Storeでは、世界中のiPhoneとiPadのユーザーが、昨年9月のiOS11公開後4週間におよそ200万件、過去6ヶ月間に1,300万以上の ARKitアプリをダウンロードしていることがわかりました
ARKit app downloads 001

スポンサーリンク


この調査会社は、「ARKitのみ」のアプリケーション、またはアップルのフレームワークを使用して「明示的に」構築された拡張現実感ソフトウェアを追跡しています、フォトモードやミニゲームのような付加価値AR機能など、わずかなARKit統合だけを含むアプリケーションは、集計に含まれていません

当然のことながら、センサータワーがARKitアプリの発表を10月に発表したとき、ゲームの最後のチェックでは、ゲームの累積ダウンロード数の47%が35%でした
2位には、10月のダウンロードの19%のシェアから今月15%に縮小したARルーラーのようなユーティリティアプリがあります
ARKit app downloads 003
バーチャルペットシミュレーターのようなエンターテイメントアプリは12%、ライフスタイルカテゴリーは5%から11%に上昇し、写真&ビデオ、教育、その他は、それぞれ6%、4%、7%のシェアとなっています

Sensor Towerによると、iOS App Storeには2,000以上のARKit専用タイトルがあり、その数は開発者が拡張現実フレームワークのために新規で斬新な用途を見つけるにつれて増加し続けています

最近、Apple は1月にiOS 11.3ベータ版をリリースしたばかりのARKit 1.5の新バージョンをリリースした

新しい技術により、開発者は、垂直や不規則な形の表面だけでなく、ポスターやブックカバーなどの画像を検出できるアプリを構築できます

画像元:Sensor Tower
(Via appleinsider , Sensor Tower)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)