【iOS 11】新機能、iPhoneのストレージスペースを節約する「使用していないAppの領域を開放」

【iOS 11】新機能、iPhoneのストレージスペースを節約する「使用していないAppの領域を開放」

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

Appを自動削除

App Storeからたくさんのアプリをダウンロードすると、あまり頻繁に使用されていないアプリを忘れる傾向があります

これらの未使用のアプリケーションは積み重なり、かなりの量のストレージスペースを必要とします

iOS 11では、「使用していないAppの領域を開放」という新しい機能を使ってこの問題を解決しています

この機能は、あまり頻繁に使用されていないアプリを自動的に削除してiPhoneまたはiPadのスペースを解放しますが、関連付けられたドキュメントとデータがデバイスに保存されるため、App Storeからアプリを再インストールすると、そのすべてのデータが表示されます

iOSがこの新機能の「使用していないAppの領域を開放」でアプリを削除すると、アプリのアイコンはホーム画面に残りますが、アプリがオフロードされたことを示すためにグレー表示されるので判断ができるようになっています


スポンサーリンク



設定方法

  1. 「設定」>「iTunesとApp Store」
  2. 「使用していないAppの領域を開放」を「オン」にします

Strage 004

画像元:iDrop News
(Via iDrop News.)


ただ上の画像の設定画面を見ても自分で期間を設定はできないようで、使用頻度の度合いがどれくらいなのかがよく解りません

実際に私も使っていないアプリは多くiPhoneやiPadに存在します、ホームの画面が増えないように時々削除しますがやはり貯まってしまいます

アプリのアイコンをグレーアウトしてくれることで、判断の基準になるのは嬉しいことです


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)