Appleの製品早期陳腐化にフランスが迫る!調査結果が明らかにした衝撃の修理戦略とは?

Appleの製品早期陳腐化にフランスが迫る!調査結果が明らかにした衝撃の修理戦略とは?

フランス当局は現在、製品の陳腐化の可能性があるとしてAppleを調査しています

この調査は2022年12月に始まり、修理部品のシリアル番号をiPhone、iPad、Macのシリアル番号に結びつけるAppleの慣行に関連していいます

HOP協会としても知られる「Stop Planned Obsolescence」団体が苦情を申し立てたことが、この調査の発端とななりました、フランス・パリ検察の担当者は、司法調査を認め、HOP協会の苦情が調査のきっかけになったことを改めて説明しました

HOP協会は、iPhoneをはじめとする製品の部品や付属品のシリアルナンバーをマイクロチップで紐付ける「保守部品のシリアル化」のプロセスについて、問題点を説明しました

Appleのセルフサービス修理プログラムは、特に非正規の修理業者にとって修理の選択肢が制限されるとの批判があります

スポンサーリンク


そのため、Appleのソフトウェアが承認していない部品を使用してデバイスを修理した場合、たとえ同一のオリジナル部品であっても、問題が発生することがありました

これは、iOS 16のアップデート後にiPhone XRのタッチスクリーンを修理したものが操作不能になったように、アップグレードの際に発生することもあります

昨年12月にフランスで導入されたAppleのSelf Service Repairプログラムでは、顧客は部品を購入するiPhoneのシリアルナンバーを入力する必要があります、返品された部品の代金をAppleから受け取るには、入力されたシリアル番号と返品された部品のシリアル番号が一致する必要があります

AppleのSelf Service Repairプログラムは前向きな動きであると評価されていますが、まだ改善が必要です

(Via 9to5Mac.)








LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)