Appleの中国依存度をわずか10%下げるには8年かかる

Appleの中国依存度をわずか10%下げるには8年かかる

長年、Appleの中国依存度を下げる必要性と難しさについて議論してきましたが、Bloombergの調査部門は現在、推定数値を公表していいます

調査によると、Apple生産のわずか10%を中国から移転するのに約8年かかるとのことです

2017年に、Appleの生産のかなりの部分を中国の外に移すという大きな課題に注目しました

Appleの製造の多くが深圳とその周辺で行われているのは偶然ではありません、第一に、中国本土と香港を結ぶ玄関口として戦略的に整備されています、巨大なコンテナ港を持つ世界最大級の物流センターです

第二に、中国政府は深圳を中国初の経済特区として設立しました

経済特区は、緩和された計画規制と手厚い税制優遇措置によって企業を奨励し、特に外資による現地企業への投資を促進することを目的としています、このような地理的な優位性が、深圳の発展を支えているのです

第三に、この経済特区は1980年に設立されたので、37年の歳月をかけてハイテク産業の製造拠点に成長したことになります、Appleは膨大な数のサプライヤーと下請け業者のネットワークに依存しており、中にはたった1つの小さな部品を製造しているところもあります

スポンサーリンク


Bloomberg Intelligenceは、Appleの生産能力の10%を中国から移転させるのに約8年かかると試算しています

近代的で効率的な輸送、通信、電力供給はもちろん、地元の部品サプライヤーが多数存在するため、世界第二の経済大国である中国から撤退することは特に困難です

「中国が世界のスマートフォン製造の70%を占め、中国の大手ベンダーが世界出荷の半分近くを占めていることから、この地域にはよく発達したサプライチェーンがあり、これを再現するのは困難で、Appleが移転すれば、そのアクセス手段を失う可能性があります」とBIのアナリストSteven Tseng氏とWoo Jin Ho氏の報告書は述べています

アナリストによると、Appleは他のアメリカのハイテク企業よりもはるかに不利な立場にあるとのことです

Bloomberg Intelligenceによると、ハイテク産業全体の依存度は、2030年までに「ほとんどの場合」20%~40%低下する可能性があるとのことです

中国に製造拠点を持つ米国企業の約4分の1が、過去1年間に何らかの生産を国外に移していますが、これは一般に「チャイナ・プラス・ワン」戦略として知られるようになった程度のものでしかありません

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)