Apple、Apple Watch Series 8およびUltraのマイクの問題を調査中

Apple、Apple Watch Series 8およびUltraのマイクの問題を調査中

Appleは、一部のApple Watch Series 8およびApple Watch Ultraユーザーが、Siriの使用や電話の発信などを試みる際に、マイクの問題が発生する可能性があることを認めています

ユーザーからは、Apple Watchのマイクがしばらくすると持続的に反応しなくなり、マイクに依存するアプリがエラーを吐いたり、完全に動作しなくなったりする問題が報告されています

MacRumorsによると、入手した新しいメモの中で、Appleはユーザーに影響を与えているバグを認識していると述べており、具体的には、Siriが聞こえない、ボイスメモを録音できない、電話を行うなどの問題に顧客が直面する可能性があると述べています

また、Noiseアプリに「測定が中断されました」というメッセージが表示されることもあります

Appleは、Apple Watchを再起動することで一時的に問題が解決する可能性があるとしており、この問題がハードウェアに関連していないことを示唆しています

Appleはメモの中で、ユーザーは最新のwatchOSバージョンにアップデートしたままであるべきだとしており、修正版が間もなくリリースされる可能性を示しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)