iPhone 14 Proで48MPのカメラ、2023年にはペリスコープレンズを採用か

iPhone 14 Proで48MPのカメラ、2023年にはペリスコープレンズを採用か

アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、Appleは2016年に48メガピクセルのカメラレンズをiPhoneに追加し、2023年にはペリスコープレンズを追加する計画だそうです

TF International Securitiesの今日の調査報告書によると、Kuo氏は今後2年間のiPhoneカメラのアップグレードによって、台湾のメーカーLargan Precisionの市場シェア、売上、利益が増加するだろうと述べています

Kuo氏はそれ以上の詳細を明らかにしませんでしたが、48メガピクセルのカメラは「iPhone 14 Pro」モデルに限定され、現在の4Kから8Kのビデオ録画が可能になると以前に主張していました

これらの高解像度8K動画は、来年に発売予定のAppleのAR/VRヘッドセットで視聴するのに適していると同氏は述べています

スポンサーリンク


Kuo氏は以前、iPhone 14 Proモデルが48メガピクセルと12メガピクセルの両方の出力をサポートする可能性があると主張しており、これはピクセルビニングとして知られるプロセスによって実現される可能性が高いと言えます

Samsungの「GALAXY S 21 Ultra」など一部のAndroidスマートフォンで既に使用されているピクセルビニング機能によって、iPhone 14 Proモデルは、品質を維持するために、明るい状態では48メガピクセル、暗い状態では12メガピクセルの写真を撮影できるようになる可能性があります

さらにKuo氏は、2023年には少なくともiPhone 15モデルにペリスコープレンズが搭載され、光学ズームを大幅に向上させる道が開かれるとの考えを繰り返しました

このレンズはカメラ光学系を折り畳んだもので、イメージセンサーに吸収された光を曲げたり折り畳まんで、スマートフォンに適したコンパクトな設計を維持しながら光学ズームを拡大することができます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)