第3四半期の欧州タブレット出荷台数が減少する中、iPadのみ増加

第3四半期の欧州タブレット出荷台数が減少する中、iPadのみ増加

新しい市場情報レポートによると、2021年第3四半期の西ヨーロッパのタブレット端末の出荷台数は急激に減少し、上位ブランドの5社のうち4社が前年同期比で20%から53%の減少となりました

一方、タブレット端末ベンダーの中で唯一売上が増加したのはAppleで、iPadの出荷台数は前年同期比で33%増加しました

Canalys社によると、同市場の出荷台数が690万台に減少した中で、Appleはタブレット端末の販売台数の45%を占めるまでになりました

Canalys社のリサーチアナリストであるTrang Pham氏は、「2020年第3四半期のタブレット端末は、PC不足の穴を埋めるものとして、驚異的なパフォーマンスを見せました、現在は、主要なユーザー層への浸透が飽和しているため、修正的な減少が見られます」と述べています

また同氏は、「今日のiPadの安定したパフォーマンスは、Appleがタブレット市場に集中しているおかげだ」とも述べています

スポンサーリンク

Canalys iPad
Canalysはまた、「西欧でのPC販売が6四半期連続で増加傾向にあるとし、この数字は、PCデバイスに対する継続的な需要を示している」と報告しています

西ヨーロッパでは、2021年第3四半期にPCの売上高が前年比で8%増加しました

HPがトップの座を取り戻し、Lenovo、Dell、Appleがそれに続きました

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)