Apple、完全自律走行を目指す「Project Titan」を加速

Apple、完全自律走行を目指す「Project Titan」を加速

Appleはコードネーム「Project Titan」と呼ばれる電気自動車の開発を加速させ、完全な自律走行を目指しているとBloomberg Newsが 関係者の話として報じています

Bloombergによると、Appleのテクノロジー担当VP Kevin Lynchが、2021年7月に同社の秘密の自動車プロジェクトの責任者に就任しました

Appleは以前、2つの可能性を検討していると報じられていました

BloombergのMark Gurman氏によると

過去数年間、Appleの自動車チームは、現在の多くの自動車と同じように、ステアリングと加速に焦点を当てた限定的な自動運転機能を持つモデルと、人間の介入を必要としない完全な自動運転機能を持つモデルの2つの道を同時に模索してきました

Apple WatchソフトウェアのエグゼクティブであるKevin Lynch氏がこのプロジェクトの新しいリーダーとなり、エンジニアたちは現在、完全な自動運転機能を持つモデルに集中しています

Lynch氏は、最初のバージョンでは完全な自動運転システムを搭載したクルマの開発を推し進めていると、関係者は語っています

スポンサーリンク


これは、スペシャル・プロジェクト・グループまたは「Project Titan」として知られ、2014年頃に開始されて以来、戦略の変更や幹部の交代に耐えてきた自動車の取り組みにとって、最新の変化といえます

Appleは内部的に自動運転車の発売を4年後にすることを目標としており、今年初めに一部のエンジニアが計画していた5年から7年のスケジュールよりも早くなっています

Appleの理想的な車にはハンドルとペダルがなく、内装は手を使わずに運転できるように設計されています

同社は標準的なハンドルを持たないことを推進していますが、Appleは車に緊急時の引き継ぎモードを装備することを議論しています

(Via Bloomberg.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)