iPhone 13の供給は2022年2月まで需要に追いつかない見込み

iPhone 13の供給は2022年2月まで需要に追いつかない見込み

Appleの最高経営責任者を務めるTim Cook氏は先頃、部品の不足が同社の予測よりも大きな影響を及ぼしており、iPhone13の供給制限がiPadとMacに影響を及ぼしていると警告しました

サプライチェーンの新しいレポートによると、iPhone 13の供給は来年2月まで需要に追いつく見込みはないようです

新型コロナウイルスのパンデミック、自動車業界でのチップ需要の高まり、新しいチップの製造能力をオンライン化するのに必要な長期的なスケジュールなどが、世界的なチップ不足の原因となっています

Appleは、自社でチップを設計し、その購買力によって優先的に供給するように交渉してきたため、他の企業よりもチップ不足に陥ることはありませんでしたが、製造ライン全体をAppleの注文に充てることもありました

しかし、チップ不足は主にアップルが 「レガシーノード」 と呼ぶものに影響を与えます、これは、ディスプレイドライバのような重要な業界標準チップです

スポンサーリンク


同社が最初に警告を発したのは4月のことで、iPhoneの供給不足はiPadとMacの生産に影響を与える可能性が高いとしていました

直近の収支報告で、Tim Cook氏は供給問題で前四半期に60億ドルの損失を出したことを明らかにしました

ホリデーシーズンの状況は依然として予断を許さないため、Appleは今回も業績ガイダンスを発表しませんでした

Digitimeの記事によると、iPhone 13の供給は今四半期から次の四半期にかけて制約されることになります、しかし、サプライチェーンの関係者によると、10月初旬に発生したiPhone 13シリーズ用のIC部品の不足は、サプライヤーの増産により徐々に緩和されており、組立業者は最終的な需要を満たすために来年2月まで生産を強化する予定です

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)