新しいMacBook Proは、Intelモデルに比べて802.11ac Wi-Fiが若干遅くなっているが、ほとんど気にならない

新しいMacBook Proは、Intelモデルに比べて802.11ac Wi-Fiが若干遅くなっているが、ほとんど気にならない

新しいMacBook Proは、Intelモデルよりも802.11ac Wi-Fiの速度がわずかに遅くなっています

pple社がサポートページを更新して、M1 ProおよびM1 Maxチップを搭載した新しいMacBook Proに関する情報を提供していることから、これらの新しいコンピュータが何を特徴としているのか、あるいはしていないのかについて、より深く理解することができるようになりました

グラフィックデザイナーのAnton Bulzomi氏が発見したように、新しいMacBook Proは、Intelベースの2017年から2019年のモデルよりも802.11acのスペックが遅くなっています

グラフィックデザイナーのAnton Bulzomi氏が発見したように、新しいMacBook Proは、インテルベースの2017年から2019年のモデルよりも802.11acのスペックが遅くなっています

2017年から2019年のMacBook Proモデルは、すべてインテルベースで、標準の802.11 ac@5 GHzを搭載しており、最大1300MbpsのPHYデータレートを実現しています

MacBook Pro Wi Fi 002

スポンサーリンク


ここでの大きな違いは最大空間ストリームで、新型のMacBook Proは2/MIMOしか搭載していないのに対し、旧型は3/MIMOを搭載しています

これについては、iOSデバイスが2つ以上の空間ストリームをサポートしていないため、M1チップが2つ以上の空間ストリーム用に作られていないのではないかなど、さまざまな憶測があります

さらに、802.11ax/Wi-Fi 6はApple Siliconモデルにしか搭載されていないので、実物との比較にはなりません

Bulzomi氏は、いくつかのテストを行うことができ、新しいMacと、インテルベースの2017年から2019年のものとの間で、わずかな速度差しか感じられなかったと述べています

Wi-Fiの速度は、使用しているアクセスポイントの種類、ネットワーク上のデバイスの数、アクセスポイントからの距離、RF環境など、現在のWi-FiおよびRF環境に大きく左右されるため、主観的な要素が強いと言えます

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)