iPhone SE 3は、サイドボタンのTouchIDを備えたiPhone XRデザインを搭載している

iPhone SE 3は、サイドボタンのTouchIDを備えたiPhone XRデザインを搭載している

中国のサイトMyDriversによると、Appleの第3世代iPhone SEは、サイドボタンにTouch IDを備えたiPhone XRと非常によく似たデザイン(iPad Air 4およびiPadmini 6)を備え、LCDディスプレイで製造されたAppleの最後の「iPhone」になります

MacRumorsがレポートを機械翻訳したところによると

第3世代の「iPhone SE」のデザインは「iPhone XR」をベースにしており、サイドボタンに内蔵された指紋認証システム「Touch ID」を搭載するほか、液晶ディスプレイ、A15 Bionicチップ、5G接続機能などが搭載されると説明されています

このレポートでは、このデバイスがAppleにとって液晶ディスプレイを搭載した最後のiPhoneになると予想されており、将来のiPhoneは有機ELやその他のより高度なディスプレイ技術に移行すると述べています

MyDriversは、この主張が、第3世代のiPhone SEが現行の第2世代モデルのデザインを継承するという最近の他の主張とは対照的であることを認めながらも、正しいことを主張していると述べています

iPhone SEは現在、現在生産中止となっているiPhone 8と同じデザインを採用しており、ホームボタンにTouch IDスキャナーが内蔵されています

スポンサーリンク


次期iPhone SEのデザインをめぐる噂は混沌としており、Ming-Chi Kuo氏やRoss Young氏といった信頼できる情報源からの噂では、当初、iPhone XRと同様の6.1インチディスプレイを搭載し、Touch IDのサイドボタンを搭載するとされていました

しかし今年になって、Kuo氏とYoung氏はこれらの予想を撤回し、第3世代のiPhone SEは現行モデルと同じデザインで、ホームボタンを備えたものになると述べました

Phone SEをめぐる混乱の一部は、6.1インチのモデルが第4世代のiPhone SEである可能性があることで説明できるかもしれません、Young氏は現在、6.1インチのディスプレイとホールパンチ式の前面カメラを搭載した第4世代の「iPhone SE」が2023年に発売されると予想しています

MyDriversによると、第3世代のiPhone SEは2022年春に発売され、64GBのストレージを搭載し、現行モデルと同じ399ドルの初値でスタートすると報じています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)