Apple、#AppleToo運動のリーダーを解雇

Apple、#AppleToo運動のリーダーを解雇

Appleは、情報漏えいや労働者の組織化を幅広く取り締まる中、#AppleToo運動のリーダーであるJanneke Parrish氏を解雇しました

Apple MapsのプログラムマネージャーであったParrish氏は、内部調査中に仕事用のデバイスからファイルを削除したことで解雇されました

状況に詳しい人によると、Appleはこの行為を「コンプライアンス違反」と分類しており、そのファイルには、Robinhood、Pokémon GO、Google Driveなどのアプリが含まれていました

AppleToo

社内では、Parrish氏の解雇が組織化のための報復以外の何ものでもないという不信感を示す従業員もいました

Apple社の企業文化について発言した従業員が解雇されるのは、ここ数カ月で2度目となります

9月、Appleは機密情報を漏洩した疑いでAshley Gjøvik氏を解雇しました、Gjøvik氏は、Appleが彼女や広範な従業員に対して行った対応に関連して、NLRBに複数の告発を行っています

スポンサーリンク


Gjøvik氏の最新の告発は、Tim Cook氏が作成した漏洩防止のためのメモが米国の労働法に違反しているのではないかというものです

9月、CEOのTim Cook氏は、Appleの全従業員に向けて、「機密情報を漏らすような人間はAppleには相応しくない」という内容のメモを送りました、彼はまた、会社は 「漏洩した者を特定するために、全力を尽くしている」と述べました

Appleの最近の動きは、従業員の組織化を妨げることを意図しているようです

8月には、従業員が「#AppleToo」というWebサイトを立ち上げ、AppleCareや小売店を含む全従業員が職場でのハラスメントや差別に関する記事を投稿できるようにしました

Parrish氏とAppleのソフトウェアエンジニアであるCher Scarlett氏は、Mediumでこれらの話を共有するようになりました

(Via The Verge.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)