日本の公正取引委員会は、AppleとGoogleのスマートフォンOS での独禁法の調査を開始

日本の公正取引委員会は、AppleとGoogleのスマートフォンOS での独禁法の調査を開始

公正取引委員会は6日、スマートフォンに搭載する基本ソフト(OS)市場の取引実態の調査に乗り出すと公取委の菅久修一事務総長が同日の記者会見で発表しました

日本の国内市場で9割以上のシェアを握る米Appleと米Googleが事実上の対象で、支配的な立場を利用してアプリ事業者などの新規参入や競争を妨げていないかを調べます

競争政策上の問題点を洗い出し、巨大IT(情報技術)企業による囲い込みの是正につなげたい考えです

OS 事業者やアプリの開発事業者、スマホ利用者に聞き取りやアンケート調査を実施する。
スマホだけでなく、スマートウオッチなどウエアラブル端末を含む周辺機器の市場の実態把握を進めます

市場構造や競争が働かない理由を報告書にまとめます、政府は2月にデジタルプラットフォーム取引透明化法を施行しました

7月以降、反トラスト法に違反するような制限がないか調査を進めています

スポンサーリンク


OS市場の寡占状況を巡っては政府のデジタル市場競争会議も調査を進めており、公取委は同会議とも連携します

国内のスマホに搭載されているOSのシェアはAppleの「iOS」が7割弱、Googleの「Android」が3割でこの2社に集中しています、音楽・動画や電子書籍、ゲームなどアプリを提供する企業はOSの仕様に合わせないとスマホに搭載されません

公取委は両社がOSを握っている立場を利用してアプリを囲い込み、消費者の利便性を損ねていないかを重点的に調べま
(Via 日本経済新聞.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)