Apple、再び従業員のオフィスへの復帰を1月まで延期する

Apple、再び従業員のオフィスへの復帰を1月まで延期する

7月の時点で、Appleは内部的に今年の10月にオフィスに戻ることを決定していました、この決定は、9月に従業員に対して対面式の仕事に戻ることを最初に要請した後のものでした

現在、同社は再びオフィスへの復帰計画を延期しており、今回、Appleは通常の活動に戻るのは2022年初頭になると予想しています

Bloombergが新たに報じたところによると、COVID-19は米国で症例の増加により、同社の従業員に新たなメモを送付し、同社の復帰を2022年1月に延期することを確認しています

Appleは2020年のCOVID-19大流行後、リモートワークを全面的に採用しましたが、今のところ世界中の同社オフィスに戻った従業員はわずかです、しかし、ワクチン接種が加速する中、Appleの最高経営責任者を務めるTim Cook氏は6月、同社従業員を9月に職場に復帰させると発表しました

スポンサーリンク


残念なことに、COVID-19の変種はより多くの人々に感染しており、そのため複数の企業が通常に戻る計画を再考しています

Appleは当初、通常の仕事への復帰を10月まで延期したが、従業員は2021年末まで在宅勤務を続けることになります

Tim Cook氏は今年、従業員が週に3日オフィスに出勤しなければならないハイブリッドな勤務プランを採用すると述べましたが、従業員のグループは、在宅勤務を続けたいとして、この決定に反対しています

同社は、対面での仕事はAppleの文化に不可欠であると主張しており、オフィスに戻る必要がないように、ある程度の柔軟性を望む人からの要求を拒否していると伝えられています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)