Apple、最初のAirPods Proファームウェアbeta for developersをリリース、インストール方法は

Apple、最初のAirPods Proファームウェアbeta for developersをリリース、インストール方法は

Appleは本日、AirPods Proユーザー向けのベータ版ファームウェアの最初のバージョンを正式にリリースしました

このベータ版では、FaceTimeの空間オーディオやAmbient Noise Reductionなどの機能が利用できますが、ベータ版をインストールするには、MacでXcodeを使用する必要があります

AirPods Proのベータ版ファームウェアは開発者向けにのみ提供されており、設定プロファイルはAppleのデベロッパー向けWebサイトを通じてのみ入手可能です

AirPods Beta

AirPodsにベータ版ファームウェアをインストールした後にダウングレードする方法はありませんので、慎重に進める必要があります

インストール方法

前提条件

  • Xcode 13ベータ版を実行しているMac、
  • iOS 15ベータ版を実行しているiPhone
  • そして完全に充電されたAirPods Pro
  • まずiPhoneに構成プロファイルをインストールし、AirPods ProとiPhoneをペアリング
  • その後Xcodeを使ってAirPods Proがベータ版のソフトウェアアップデートを受け取れるようにする

インストール

  1. iPhoneをMacに接続します
  2. お使いのMacでXcode 13 betaを起動します
  3. iPhoneで「設定」>「開発者」を選択し、「Prerelease Beta Firmware」を選択します
  4. ペアリングされたデバイスのリストの中からAirPods Proを見つけ、タップしてベータ版ソフトウェアの自動アップデートをオンにします
  5. 画面に表示される指示に従って、ベータ版ソフトウェアアップデートを受信します
  6. アップデートの受信とインストールには最大24時間かかることがある

最初のベータ版には、新しいFaceTime 空間オーディオ機能とAmbient Noise Reduction機能が含まれていますが、会話ブースト機能はファーストベータ版ではご利用できません

FaceTimeの空間オーディオは、対面しているときと同じように会話がスムーズに進むような音場を作り、友達の声は、通話中の位置の方向から聞こえてくるように拡散されます

(Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)