次期 iPhone SEは、A15チップ、5G、4.7インチディスプレイを搭載

次期 iPhone SEは、A15チップ、5G、4.7インチディスプレイを搭載

日経アジアが新たに報じたところによると、Appleの格安iPhone SEの次のバージョンは2022年前半に登場し、iPhone 8をベースにした現行のデザインと非常によく似たものになる可能性があると言われます

新モデルの主なアップグレード点は、2021年のフラッグシップモデルである「iPhone 13」のラインナップに最初に登場するAppleのA15チップと、QualcommのX60モデムチップが提供する5Gのサポートとなるでしょう

昨日のDigiTimesの報道では、2022年のiPhone SEには日経が主張するA15チップではなく、A14チップが搭載されるとされていました

次期iPhone SEは現行モデルと同様のデザインを維持することから、より大きな液晶ディスプレイや有機ELディスプレイに移行するのではなく、4.7インチの液晶ディスプレイを維持することになります

このレポートでは、新モデルにホームボタンが搭載されるかどうかについては具体的に触れられていませんが、デザインが一貫していることから、新モデルにはTouch IDのホームボタンが搭載されると考えられます

スポンサーリンク


このレポートは、2022年のフラッグシップiPhoneのラインナップには5.4インチの「mini」モデルが含まれないという最近の他の主張も裏付けています

これは、iPhone 12 miniの販売が期待外れであったことが判明したためです、その代わりに、Appleは6.7インチのセカンドモデルを導入し、6.1インチと6.7インチの「iPhone 14」と「iPhone 14 Pro」の2つのモデルが登場するようです

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)