Apple、世界スマートフォン出荷台数シェア14%で第3位に転落

Apple、世界スマートフォン出荷台数シェア14%で第3位に転落

Canalys社の試算によると、2021年第2四半期の世界のスマートフォンの出荷台数は12%増加しました

ベンダー別では、Samsungがスマートフォン出荷台数の19%のシェアを獲得してトップとなりました

Xiaomiが17%のシェアを獲得し、史上初めて2位となった。Appleは第3位で14%だったが、VivoとOppoは力強い成長の勢いを維持してトップ5に入りました

First time ever in Q2 2021 002

スポンサーリンク

CanalysのリサーチマネージャーであるBen Stanton氏は声明で次のように述べています

Xiaomiは海外事業を急速に拡大しています


例えば、その出荷台数は、出荷台数は中南米で300%以上、アフリカで150%、西欧で50%増加した。成長するにつれて進化します
しかし、Xiaomiは依然としてマスマーケットに大きく依存しており、SamsungやAppleと比較すると、Xiaomiの平均販売価格はそれぞれ約40%、75%も安くなっています。そのため、Xiaomiの今年の大きな課題は、Mi 11 Ultraなどのハイエンドデバイスの売上を伸ばすことです

スポンサーリンク


OppoとVivoは同じ目的を共有しており、両社ともXiaomiとは異なる方法でブランドを構築するために、製品ライン以上のマーケティングに多額の資金を投じることをいとわないので、それは難しい戦いになると予想されます

すべてのベンダーは世界的な供給不足の中で部品供給の確保に懸命に取り組んでいますが、Xiaomiはすでに次の目標を立てていて。それはSamsungを抜いて世界最大のベンダーになることです

(Via Canalys.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)