Apple、macOS CatalinaとMojave 向けにセキュリティを修正した「Safari 14.1 Update」をリリース

Apple、macOS CatalinaとMojave 向けにセキュリティを修正した「Safari 14.1 Update」をリリース

Appleは本日、macOS CatalinaとmacOS Mojaveユーザー向けのSafari 14.1の新バージョンをリリースし、昨日macOS Big Surで修正されたWebKitの二つの脆弱性を修正しました

アップデートされた「Safari」リリースに関するAppleのサポート文書では、旧バージョンのmacOSユーザーを対象としたものと同じ「WebKit」メモリ破損の問題と整数オーバーフローのバグに対処していることが確認されています

Safari Extensions Gallery 00001 z

これらの脆弱性はいずれも活発に悪用されている可能性があるため、ユーザーは直ちにアップグレードすることが重要です

Appleによると、新しいSafari 14.1リリースには、2021年4月26日にリリースされた14.1アップデートのセキュリティコンテンツが含まれているとしています

ビルド番号は、「macOS Catalina」では15611.1.21.161.7、「macOS Mojave」では14611.1.21.161.7です

(Via MacRumors.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)