将来のSiriは、ユーザーの声がどれくらい離れているかを認識する可能性がある

将来のSiriは、ユーザーの声がどれくらい離れているかを認識する可能性がある

Siriは2011年にiPhone 4sでデビューして以来、iPhone 、そしてその後の他のAppleデバイスでユーザーが何を言っているかを認識することができるようになりました

しかし、スマートスピーカーのHomePodのような未来のデバイスは、ユーザーがそれをどこで言っているのかを知ることもできるかもしれません

新しい特許出願によると、Appleがどのようにして同社のデバイスがユーザーが話している距離を推定し、それに応じて行動できるようにする技術を開発してきたかについて説明しています

新しいスマートインタラクション

特許出願の名称は「学習に基づく距離推定」です、これは、デバイスからユーザーまでの距離を推定できることが、かなり便利なインタラクションにつながることを示しています

「例えば、デバイスは、ユーザのデバイスからの推定距離に基づいて、再生ボリュームまたはスマート補助デバイスからの応答を調整することができる」としています

これは、HomePodなどのデバイスが、遠くにいるときにはユーザーに聞こえるように音楽再生のボリュームやSiriスマートアシスタントを変化させ、近くにいるときには大きな音を鳴らさないことを意味する可能性があります

また、複数のデバイスが要求に応答する可能性がある場合に、特定のクエリーに応答するデバイスを決定するためにも使用できます

スポンサーリンク


これは、ディープラーニング人工知能を使用することによって達成されます

特許申請書によると、ディープラーニングシステムは、音声源からマイクロフォンアレイへの直接信号伝搬に関する情報を含む直接音声成分と、残響効果およびノイズを含む残響音声信号とを推定することができ、ディープラーニングシステムは、直接信号成分と残響信号成分の信号特性を抽出し、学習されたマッピングを用いて、抽出された信号特性に基づいて距離を推定することができます

Appleは長い間、この分野でFacebookやGoogle/Alphabetに後れを取っていました

過去約5年間、Appleはこの重要な分野で追いつこうと努力してきました、Siriは全体的なスマートさでAmazonのAlexaやGoogle Assistantに後れを取っていると主張する人もいますが、その差は常に縮まってきています

この特許出願書類に記載されているような革新的な技術は、Appleが最先端のAIを使って、Appleの以前のマーケティング資料を引用すると、「ジャスト・ワークス」技術を作るために最善を尽くしていることを示しています

もちろん、特許出願である以上、これがApple製品として出荷される保証はありませんん、しかし、Appleが将来のテクノロジーに組み込む可能性のあるアプローチの一つを示しています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)