Apple、ラスベガスの教師MikeLangが率いるiPadプロジェクトを特集

Apple、ラスベガスの教師MikeLangが率いるiPadプロジェクトを特集

AppleはNewsroomのプレスリリースで、ラスベガスの公務員や活動家になることを学生に奨励しているAppleの著名な教育者であるマイク・Lang氏を特集しています

Lang氏は今月、Martin Luther King Jr.博士に敬意を表して、幼稚園と1年生の生徒たちと一緒に3部構成のプロジェクトを始めました

Lang氏のプロジェクトの第1部は、児童文学作家のChristian Robinsonの「You Matter」を使って、自分たちが価値のある存在であることを子供たちに示すことを目的としており、自己反省の出発点としています

MikeLang 00002

生徒たちはiPadを使って自分自身や家族、近所の風景を撮影して編集し、PBS KIDSのコーディングアプリ「ScratchJr」を使って、なぜ自分たちが大切なのかについてのストーリーを作ります

次に、Brad Meltzerの著書「I Am Martin Luther King Jr.」を使ってキング牧師の人生と遺産について調べます、学生たちは、プロジェクトの各パートごとにKeynoteでインタラクティブなワークブックを作成し、ラングは自分たちの考えをまとめて本にまとめ、今学期末にラスベガスのコミュニティ・オーガナイザーや議員と共有する機会を持つことになります

スポンサーリンク


Lang氏は、クラーク郡学区で14年間教鞭をとってきました

私は、北京語を話す子供たちに魅力的な方法で英語を教える方法を見つけようとしていました
テクノロジーが情報を変換し、説明しようとするよりもはるかに効率的に生徒に転送できることを知りました

と、述べています

ある意味では、Lang氏の教育に対する包括的な哲学は、学生が世界の中で自分自身を見て形作っていく方法にも応用できます、プロジェクトの完成時には、彼の生徒たちは、自分たちの地域社会を変えるためのアイデアと、その変化を実現するために自分たちが果たすことができる役割の青写真を手にすることになります

Lang氏のプロジェクトはすでに進行中ですが、本日からは、「人種的公平性と正義に関する行動をとる」学習シリーズの第2回目となるAppleのチャレンジ「Make a Positive Impact in Your Community」も開始されます

「Challenge for Change」シリーズには、チャレンジベースの学習フレームワークに基づいた会話ガイドが含まれており、教育者、コミュニティリーダー、個人が人種や不平等に関連する問題について思慮深い会話をするのに役立つように設計されています

Lang氏は、このプロジェクトが、生徒たちが自分自身と周りの人々の世話をすることが重要であることを理解するのに役立つことを願っています

(Via Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)