第3四半期にTouch Barを廃止しMagSafeを搭載しデザインを一新したしたApple Silicon MacBook Proを発売か

第3四半期にTouch Barを廃止しMagSafeを搭載しデザインを一新したしたApple Silicon MacBook Proを発売か

TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏によると、Appleは「全く新しいデザインのフォームファクタ」とハードウェアには多くの変更が加えられた新型MacBook Proを2021年第3四半期に発売すると予測しています

Kuo氏は投資家へのメモの中で、Appleが14インチと16インチのディスプレイを搭載するMacBook Proのバリエーションを発売すると予想していると述べました

どちらも同社の現代的なデザイン仕様に沿った新しい「フラットエッジ」の外観を採用しています、これらの角張ったデバイスの最初のモデルは2018年のiPad Proで、昨年のiPhone 12シリーズもそれに追随する形で登場しました

次世代モデルのMacBook Proは、MagSafe for Macを復活させ、酷評されているTouch Barを廃止して物理的な機能ボタンを採用するとアナリストは予想しています

一部のユーザーはTouch Barの柔軟性を称賛していますが、このコンポーネントの有用性は完全には実現されておらず、それぞれのアプリに動的コントロールを組み込んでいる開発者はほんの一握りにすぎません

スポンサーリンク


Kuo氏によると、AppleはハイエンドのノートPCラインアップでより多くの接続オプションを求める声に耳を傾けているようで、正確な仕様は公表されませんでしたが、ほとんどのユーザーはコンバーターのドングルを持ち歩く必要がなくなるとアナリストは考えています

Kuo氏によると、Appleは新モデルを現行の16インチMacBook Proと同様のヒートパイプ熱設計に移行し、高性能で高熱のチップにより多くの余裕を持たせると言います

Intel版の次期MacBook Proモデルは想定されておらず、AppleはM1チップか、まだ発表されていないより強力なバージョンに依存することになります

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)