Apple App Storeは、2020年アプリに費やされた1,120億ドルの65%を占める

Apple App Storeは、2020年アプリに費やされた1,120億ドルの65%を占める

COVID-19のパンデミックでモバイル採用が加速する中、iOS App Storeはアプリ収益の支配を続け、年間新記録を樹立しました

アプリ分析会社App Annieのレポートによると、iOS App StoreとGoogle Play Storeの利用金額は2020年に推定1,120億ドルに達し、前年比25%の伸びを示しています

現在進行中のコロナウイルスの大流行は、世界中のユーザーが “つながる、働く、学ぶ、遊ぶ、逃避 “のためにスマートフォンに傾いたため、世界的なモバイルの普及を2~3年加速させました

Smart Watch Q3 2020 00001

モバイルアプリストアで使われた金額のうち約65セントがiOS App Storeへの支出でした、App Annieによると、Google Playへの支出はは30%の成長軌道に乗っていると言います

両アプリストアは2020年に年間新記録を樹立しています

スポンサーリンク


iPhoneとiPadのApp Storeの成長著しい市場には、アメリカ、日本、イギリスが含まれています、Googleのアプリストアでは、米国、韓国、ドイツが上位マーケットでした

アプリのカテゴリー別の収益の内訳を見ると、iOSとAndroidの両方のゲームが71セントで、ゲーム以外のカテゴリーでは、アプリ内課金が最も成長を牽引しました

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)