Apple Watchは依然としてスマートウォッチ業界のリーダーであり、第3四半期にシェアを拡大

Apple Watchは依然としてスマートウォッチ業界のリーダーであり、第3四半期にシェアを拡大

Counterpoint Researchの新しいレポートによると、2020年の第3四半期において、Appleはスマートウォッチ業界の市場リーダーであり続け、前年比で2ポイントのシェアアップを達成しました

Smart Watch Q3 2020 00001

Appleは第3四半期中に、初のミッドティア・スマートウォッチ「Apple Watch SE」を発表しました。価格は300米ドル以下で、市場の注目を集めたとCounterpoint Researchは指摘しています

上級アナリストのSujeong Lim氏は、次のように述べています

売上に関しては、Appleのポジションはさらに強固なものとなっています、第三四半期には23億ドルを達成し、世界のスマートウォッチ出荷台数の半分近くを占め、前年同期比で18%増加した

Counterpoint Researchによると、2020年第3四半期の出荷台数は昨年同期比で6%増加したと言います

上位5ブランド(Apple、Huawei、Samsung、BBK、Fitbit)が総出荷台数の66%以上を占め、そして中国は北米を抜いて7四半期ぶりに市場リーダーとなっています

(Via AppleWorld.Today.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)