Apple Watch Series 3のユーザー、watchOS 7にアップデートした後、ランダムな再起動やその他のバグを報告

Apple Watch Series 3のユーザー、watchOS 7にアップデートした後、ランダムな再起動やその他のバグを報告

watchOS 7は9月16日(現地時間)にリリースされ、Apple Watch Series 3以降のApple Watchモデルに新しい文字盤機能や睡眠追跡などが追加されましたが、一部のApple Watch Series 3ユーザーはwatchOS 7のインストール後にランダムな再起動やパフォーマンスの低下などさまざまな問題を報告しています

Appleのサポートフォーラムには、Apple Watch Series 3のオーナーがwatchOS 7をインストールしてからのデバイスのパフォーマンスに不満を表明しているスレッドがあります

最も一般的な不満の1つは、Apple Watch Series 3がwatchOS 7をインストールした状態で1日に何度もランダムに再起動することです

複数のApple Watch Series 3ユーザーがwatchOS 7を、Appleがこれまでにリリースした「最悪の」 watchOSアップデートと呼んでいます

MacRumors Forumでも、Apple Watch Series 3の所有者専用の別のスレッドがあり、ランダムな再起動やパフォーマンスの低下などの苦情など、watchOS7に対する不満を表明しています

スポンサーリンク


2つのことがこれらの不満をより顕著にしています

  • watchOS 7のアップデートをダウングレードする方法はなく、Apple Watch Series 3を持っている人はwatchOS 6にダウングレードできない
  • AppleはApple Watchシリーズの一部としてApple Watch Series 3を販売しているが、これは古いハードウェアがwatchOS 7の新機能に追いつくのに苦労しているように思われるにもかかわらず、Apple Watch Series 3をApple Watchのラインナップの一部としてまだ販売しています

現時点では、これらの問題がどの程度広がっているかは不明ですが、苦情の多さから判断すると、問題はすでにAppleも認識している可能性があります

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)