AppleとSpotifyの舞台裏の戦いが明らかに

AppleとSpotifyの舞台裏の戦いが明らかに

両社は、AppleがSpotifyのアプリをどのように扱うかをめぐって何年にもわたって対立しており、Appleは自社の 「Apple Music」 および 「iTunes」 サービスを保護する手段として、音楽ストリーミング大手のSpotifyを恣意的に罰していると述べています

AppleとSpotifyの水面下の戦いは、先週水曜日、Apple CEO Tim CookとAmazon、Facebook、Googleのトップが司法委員会の独占禁止法、商法、行政法小委員会に出席し、これらの告発とApp StoreでのSpotifyのような競合アプリの扱いについて議論したことで明らかになりました

公聴会で提示された文書は、両社の間の問題点や、SpotifyがAppleに対する証言の主要な貢献者の1人になった理由について、より深い考察を提供しています

Appleの副社長と法務顧問のBruce Sewell氏と、Spotifyの法務顧問Horacio Gutierrez氏が書面でやり取りしたもので、Sewell氏は文書の中でGutierrez氏に、Spotifyアプリの最近のアップデートはApp Storeのガイドラインに準拠していないと言っています

AppleのApp Storeのルールによると、開発者は、取引のためにアプリから自社のウェブサイトへのリンクをユーザーに提供することは認められていません

Appleは、同社が今後もサブスクリプション契約の一部をアプリで獲得できるようにするための規則を作成しました

アプリ開発者は、ユーザーがアプリの外で購入したコンテンツにアクセスできる、いわゆる「リーダー」アプリを提供することができますが、アプリ自体は、ユーザーがそのような購入を行うための直接的な方法を提供することはできません

スポンサーリンク


Sewell氏はAppleのGutierrezに対するスタンスを説明し、Appleの要求に従わない場合はApp Storeからアプリを削除するとSpotifyを脅しています

しかし、Gutierrez氏はSewell氏に宛てた書簡の中で、SpotifyはiOSアプリから自社のウェブサイトや決済ポータルに顧客をプッシュしているのではなく、アプリ以外の電子メールキャンペーンを通じて顧客をプッシュしていると述べています

彼の証言の間に Cook氏は、小委員会のメンバーに対して、AApp Storeの大部分のアプリは無料なので手数料を払う必要はないと説明し、ユーザーは、購入毎に30%をAppleに支払う一方、サブスクリプションサービスでは購入毎に30%、その後1年毎に15%の手数料を支払うと言います

(Via Yahoo Finance.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)