iPhone 12のA14は、最速で最も電力効率の高いモバイルプロセッサになる

iPhone 12のA14は、最速で最も電力効率の高いモバイルプロセッサになる

Appleの「Aシリーズ」やQualcommの 「Snapdragon」チップセットをスマートフォンに搭載している半導体製造工場は四半期決算を終えたばかりで、これは非常に興味深いニュースです

TSMCは、次のモバイルプロセッサの製造ノードへの投資によって、次の四半期に利益が数%減少するとしながらも、5nmチップセットがわれわれの携帯電話の非常に近い将来に登場することを間接的に確認しました

これらの新しいプロセッサはどこへ向かうのだろうか

もちろんiPhone 12シリーズは、TSMCが秋にはわずか8%ではあるが5nmが売り上げに貢献するだろうと予想したように、これらのチップの大部分は、次のA14チップセットとして、5nmノードで最初に実現されると予想されています

Qualcommはすでに、新たに発表された7nmの3.1GHzのピーククロック速度で、3GHzのクロック周波数の壁を超えた最初のモバイルプロセッサコアを発表してAppleに勝利しています

スポンサーリンク

Apple iPhone 12のA14は、最速かつ最も電力効率の高いモバイルプロセッサ

製造計画によると、TSMCの5nm技術は約15%高速だが、消費電力は現行のモバイル機器向けチップ 「Snapdragon 865+」や「Apple A13」に搭載されている現行の7nmノードよりも30%低いと言います

A13がすでに最速のモバイルチップセットであることを考えると、なぜAppleはこれ以上の電力を必要とするのだろうか、これでようやく、AR/VRやその他のイメージングの夢をついに実現できるかもしれません

LiDARカメラはiPhone 12 Proのカメラセットにも搭載される予定だが、Appleがそれで何をするかはまだ分かっていません

TSMCはここで止まっているわけではなく、2022年に3nmを一斉に導入する準備を進めています

(Via phone Arena.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)