今年後半に発売予定の新しい10.8インチiPadとAppleシリコンを搭載した噂の13インチMacBook Pro

今年後半に発売予定の新しい10.8インチiPadとAppleシリコンを搭載した噂の13インチMacBook Pro

サプライヤーは第3四半期に新製品を出荷する準備を進めている

DigiTimesによると、台湾のサプライチェーンは、2020年第3四半期に、今年後半に発売を予定している次世代MacBookやiPad製品のバックライトユニットなどの関連部品やコンポーネントの出荷を開始し、サプライヤーの収益成長を牽引するとのことです

Appleは今年末までにApple Siliconを搭載した13インチのMacBook ProとMacBook Airを発売する予定で、MacBookのラインナップの総出荷台数は、昨年の1,450万~1,550万台に対し、2020年には1,600万~1,700万台に達すると業界筋は予測しています

このレポートは、Appleの13.3インチMacBook Proが今年後半に生産開始されると述べたMing-Chi Kuo氏の最近のリサーチノートを反映したものです

Kuo氏は、Apple Siliconを搭載した初のApple Macになると述べており、Kuo氏はまた、販売台数が1,600万~1,700万台に増加するとの予測を繰り返しています

スポンサーリンク

Kuo氏は先月、10.8インチの新しいiPadが登場し、来年初めには8.5インチのiPad Miniも登場すると報告していました

Kuo氏は、これが通常のiPadになるのか、それともiPad Airになるのかについては何の示唆も与えていません

レポートによると、バックライトユニットはRadiant Opto-Electronics社が供給し、パネルはLG、BOE、シャープが供給するとのことです

(Via iMore.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)