iPhone 12用の「ハイエンド」7エレメントレンズは7月に出荷開始で4〜6週間遅れ

iPhone 12用の「ハイエンド」7エレメントレンズは7月に出荷開始で4〜6週間遅れ

アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、Appleの次世代のiPhone 12は、背面カメラの設計に「ハイエンド」レンズアレイを組み込むと言います

既存の製造パートナーLarganは、7月中旬にiPhone用にバインドされているカメラレンズの出荷を開始すると言われていると、Ming-Chi Kuo氏は研究ノートで公開しました

過去数年と比較すると、Larganの2020年下半期の予測生産期間は4週間から6週間遅れており、これはiPhoneレンズのピーク出荷が9月から11月の間にあることを意味します

同社はこれまで、8月から10月にかけてAppleのアセンブリパートナーに製品を出荷してきました

メモには記載されていませんが、製造上の問題は進行中のコロナウイルスによるものと思われます。最近の噂では、現在進行中のパンデミックによって、Appleは例年9月に開催されるiPhone発表イベントを10月に延期せざるを得なくなると主張しています

スポンサーリンク


Kuo氏はAppleが採用しようとしているレンズのタイプを明らかにしていないが、同氏は以前のメモで、7Pレンズ、つまり7エレメントレンズを統合するのは「iPhone 12」と述べています

7Pレンズの採用により、5エレメントのウルトラワイドレンズスタックとワイドおよび望遠撮影用の2つの6エレメントアレイを使用するiPhone 11 Proのような現行のiPhoneモデルよりも、画質がわずかに向上します

「ハイエンド」アレイの恩恵を受ける将来のiPhoneモデルはどれなのか不明確ですが、3月にKuo氏は、7Pレンズが少なくとも1つのカメラモジュールに搭載されるだろうと語っています

Appleは2019年のラインアップと同様に、デュアルレンズシステムとトリプルレンズシステムを搭載した5.4インチと6.1インチのiPhone 12モデルを今秋に発売すると広く予想されています

最上位の6.7インチPro Maxモデルには、iPad Proから借用したLiDARスキャナも追加される可能性があります

新しいiPad Proにインスパイアされたデザイン、アップデートされた「A14」プロセッサ、5G接続、120HzのProMotionディスプレイテクノロジーとより小さいTrueDepthノッチもまた噂されています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)