watchOS 7ではコントロールセンターのよりいっそうのカスタマイズが可能に

watchOS 7ではコントロールセンターのよりいっそうのカスタマイズが可能に

watchOS 7では、コントロールセンターをもう少しカスタマイズすることができるようになりました

以前はボタン間の順序を変更することができましたが、今では不要なボタンを削除することができます

「修正」ボタンを押すと、削除可能なコマンドが禁止パネルとともに表示されますが、バッテリー、機内モード、セルラー接続、Wi-Fi接続などは削除できません

WatchOS 7 Control Center 00002 z

削除されたコマンドは、画面の下部にグループ化されて表示され、「修正」アクションを再度使用してグリッドに戻すことができます

WatchOS 7 Control Center 00003 z

スポンサーリンク


最後に、ダイヤルアイコンとオーディオウェーブ(上記の右側のキャプチャ)を備えた新しいボタンの登場に気がつきました

これは、iOS 13.2に搭載されたSiriで受信したメッセージを通知する機能に相当します、このボタンの状態は、対応するヘッドフォンが耳に装着されている場合のみ変更できます

この機能が有効になっている場合、メッセージを受信するとすぐに、Siriはヘッドフォンでの読み上げを一時停止し、テキストを読み上げ、それに応答することを提案し、すべてのハンズフリーを実現します

実用的な目的で、コントロール・センターは、画面上でアプリケーションを開いていてもアクセス可能であることを確認できます

ポップアップさせるには、画面下部をタッチしてしばらく待ってから引き上げなければなりません

(Via Watch Generation.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)