リーカーがWWDCの詳細を予測:A14、macOS Big Sur、UIの再設計、iPadOSの手書き改善

リーカーがWWDCの詳細を予測:A14、macOS Big Sur、UIの再設計、iPadOSの手書き改善

リーク元のL0vetodream氏は、WWDC 2020に関する最新の予測をいくつかツイートしています

これまでの一連のうわさでは、WWDCで新しいハードウェアが発表されることはないと示唆されていましたが、@L0vetodreamは「明日はハードウェアがないので、Jon Prosser氏は正しいと思います」と述べることに同意しました

それ以外にも、Twitterで今後の発表についてのいくつかの詳細を公開しています、最も具体的には、L0vetodreamはmacOS 10.16の名前として「macOS Big Sur」を指定しており、これにはSafariの「再設計されたUI」と「大規模なアップデート」も含まれる予定です


スポンサーリンク


その他の予測はやや曖昧で、2014年はApple独自のカスタムプロセッサ「A14の年」になると言います、A13が現在、最新のiPhoneに搭載されてます

tvOSとHomeKitの統合や、スリープと「手洗いモニタリング機能」を含むwatchOSのアップデートについても言及しています

iPadOSについては、再設計されたサイドカーが紹介されています、最後に、「手書き入力の改善・強化」も予測されています


スポンサーリンク

iOSについては、iOSの名前変更はなく、ホームページの再設計、他にウィジェットのサポート、アプリの配置の変更、アプリクリップの追加、ミニアプリケーションなどを予測しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)