Apple、「WWDC 2020」の基調講演のライブ配信サイト(リアルタイム翻訳、リアルタイムテキスト)

Apple、「WWDC 2020」の基調講演のライブ配信サイト(リアルタイム翻訳、リアルタイムテキスト)

WWDC 2020

Appleは、現在進行中のパンデミックのため、今回のWWDC 2020では物理的な対面イベントをやめ、完全にオンラインで最大のWWDCをホストすることになります

Appleは、「WWDC 2020」を2020年6月22日午前10時(日本時間:2020年6月23日 午前2時)よりApple Parkから基調講演を直接ストリーミング配信されます

WWDC 2020基調講演をライブで視聴する方法

YouTube

AppleはYouTube上で初めてWWDC基調講演をライブストリーミングし、すべてのプラットフォームやデバイスからアクセスできるようにします

同社はすでにYouTubeページにビデオを掲載しており、リマインダーを設定することで開始の知らせが届くようになっています

  • WWDC Special Event — June 22
  • フルストリーム。6月22日午前10時PDTから開催されるAppleスペシャルイベントに参加してみませんか。リマインダーを設定すると、本番前に更新情報をお送りします

スポンサーリンク

Windows 10

WindowsユーザーはPCでも公式にライブ配信が可能です、しかし、制限があります。Windows 10に付属のMicrosoft Edgeブラウザ上でしかできません

Windows 10を使用している場合は、Microsoft Edgeで次のURLにアクセスします
https://www.apple.com/apple-events/livestream

Apple TV

Apple TVを持っている人は、ストリーミングボックスの「Events」アプリを使って、WWDCのライブを見ることができます

Appleはすでにアプリを更新してWWDC 2020のリストを公開しています、「見つける」のカテゴリーに移動して、リストからWWDC 2020を選択します

WWDC 2020 Live Streaming 00001 z

iPad、iPhone

AppleのライブストリームページからWWDC 2020のライブ中継を見ることができます、ただし、iPhoneがiOS 10以降を実行していることが必要です

WWDC 2020 Live Streaming 00002 z

スポンサーリンク

Mac

Apple公式

SafariでAppleのライブストリームページにアクセスして、WWDC 2020の基調講演をライブで視聴できます

または、Mac App StoreからApple Developerアプリをダウンロードしてイベントや他の開発者を視聴することもできます

WWDC 2020 Live Streaming 00003 z

Apple非公式

Mac用の非公式WWDCアプリ「WWDC.app」がアップデートされ、日本語のトランスクリプトに加え、ユニバーサルリンクのサポートが含まれています

WWDC app 7 0 00002 z

日本語リアルタイム翻訳

日本語によるリアルタイムテキスト配信

英語によるリアルタイムテキスト配信

現在解っている範囲です

解り次第、サイトを追加していく予定です











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)