AppleのWebサイトから流出したスクリーンショットには「iPhoneOS 14」の互換性リストが表示

AppleのWebサイトから流出したスクリーンショットには「iPhoneOS 14」の互換性リストが表示

リーカーのJosh Thomas氏(@JoshThomasxx21)が、iPhoneOS 14と互換性のあるデバイスのリストを示すAppleのWebサイトのスクリーンショットを公開しました

Josh Thomas氏によると、このスクリーンショットはAppleがapple.comのWebサイトを閉鎖する前に、彼以外の人物が撮影したもので、iOSの新しい名称と互換性のあるデバイスのリストが誤ってリークされたとのことです

スポンサーリンク


このリークが本当なら、以下のデバイスにはiPhoneOS 14が搭載されることになります
IPhoneOS 14 Devices 00002 z

  • iPhone 11 Pro and 11 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone XS and XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8 and 8 Plus
  • iPhone 7 and 7 Plus
  • iPhone 6s and 6s Plus
  • iPhone SE (1st Generation)
  • iPhone SE (2nd Generation)
  • iPod touch 7th Generation

今年のWWDCでAppleがiOSを「iPhoneOS」に改名するのではないかと、多くのリーク情報が出ています

iPhoneの元のOSはiPhoneOSと名付けられましたが、iPhoneと同じOSを実行するiPadの登場後、Appleは「iPhoneOS」を「iOS」に改称することを決定しました

iPadはが現在「iPadOS」を使用していることを考えると、iPhoneのOS名をAppleの他のソフトウェアと一致させるのは理にかなっています

例えば、iPadOS, watchOS, tvOS, macOSなどです

もちろん、AppleがiOSをiPhoneOSに改名した場合にiPod touchがどうなるかについての情報はありません

iOS 14、つまりiPhoneOS 14は、今週6月22日(現地時間)のWWDC 2020で、iPadOS 14、tvOS 14、watchOS 7、macOS 10.16、AirTagsなどの一部ハードウェア製品と並んで発表されると予想されています











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)