Zoom、7月にはすべてのユーザーでエンドツーエンドの暗号化が可能に

Zoom、7月にはすべてのユーザーでエンドツーエンドの暗号化が可能に

一連のプライバシーおよび保証不注意の後で、Zoom はユーザーのための強い暗号化そして保護を約束しました、しかし、当初は悪用に対抗するために、エンドツーエンド暗号化は有料ユーザー向けにのみ計画されていました

しかし、暗号化の専門家、公民権団体、子どもの安全擁護団体、政府関係者と相談した結果、Zoomは、ビデオ会議ツールのすべてのユーザーがエンドツーエンドの暗号化を有効にできるようにすると発表しました

本日、ZoomはGitHub上でE2EEのデザインを更新したものを公開しました。また、すべてのユーザーのプライバシーに対する正当な権利と、プラットフォーム上でのユーザーの安全性をバランスよく確保するための道筋を明らかにしたことを嬉しく思います。これにより、世界中のすべてのユーザー(無料・有料を問わず)にE2EEを高度なアドオン機能として提供することが可能になり、プラットフォーム上での不正利用を防止し、対抗する能力を維持することができます


これを可能にするために、E2EEへのアクセスを希望するFree/Basicユーザーは、テキストメッセージによる電話番号の確認など、追加の情報を要求される1回限りのプロセスに参加することになります


大手企業の多くは、アカウント作成においても同様のステップを踏んでおり、悪用されるアカウントの大量作成を減らすことができます。Report a User機能を含む現在のツール群と組み合わせて、リスクベースの認証を導入することで、今後も悪用を防止し、対抗していくことができると確信しています

スポンサーリンク


追加情報として…

  • 2020年7月にはE2EE機能のアーリーベータを開始する予定
  • すべてのZoomユーザーは、現在使用されている最も強力な暗号化規格の1つであるAES 256 GCMトランスポート暗号化をデフォルトの暗号化として引き続き使用します
  • E2EEは、従来のPSTN電話回線やSIP/H.323ハードウェア会議室システムなど、いくつかの会議機能を制限するため、オプション機能となり、ホストは、会議ごとにE2EEのオン/オフを切り替えます
  • アカウント管理者は、アカウントとグループレベルでE2EEを有効にしたり無効にしたりすることができます

(Via zoom blog.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)