Apple Watchが世界のスマートウォッチのマーケットシェアを独占し続ける

Apple Watchが世界のスマートウォッチのマーケットシェアを独占し続ける

Canalysによると、世界のスマートウォッチの出荷台数は2020年第1四半期に1,430万台に達し、COVID-19のシャットダウンが蔓延しているにもかかわらず、前年同期比12%増となっています

Appleの出荷台数は13%減となったものの、Apple Watchプラットフォームは世界のスマートウォッチ市場シェアを独占しており、順調に成長しています

WatchOSは四半期中に400万人の新規アクティブユーザーを獲得し、総インストール数は推定7,000万人に達しました。今後3ヶ月でApple Watchの生涯出荷台数は1億台に達するとのことです

スポンサーリンク


スマートウォッチの世界出荷台数に占める北米の割合が3分の1以下になるのは初めてのことです

CanalysのアナリストであるVincent Thielke氏は声明の中で、「スマートウォッチの海外での旺盛な需要が、Apple Watchの欧米での低調な業績を相殺したが、これはAppleの顧客が『マストハブ』アクセサリーとしてAirPodsに注目を切り替えたことによるものである」と述べています

Canalys 0618 00001 z

特に注目すべきは、SamsungとGarminが第1四半期にこれらの市場への売り込みを増加させたことです、他の場所では、AppleとHuaweiが最も多くの新規ユーザーを獲得しました

Appleは東南アジアや中南米でのキャリア提携で盛り上がりを見せ、ファーウェイは最新のフラッグシップスマートフォン「P40」の購入にスマートウォッチを同梱しました

新興市場のAndroidスマートフォンベンダーがXiaomi、Oppo、Vivoなどの挑戦者との競争に直面している中、Apple WatchはiOSベースでシェアを拡大しており、将来のiPhoneのアップグレードをより確実なものにしています

(Via Canalys.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)