Kuo氏、第1四半期のiPhoneの出荷はコロナウイルスにより10%減少、第2四半期は不確実

Kuo氏、第1四半期のiPhoneの出荷はコロナウイルスにより10%減少、第2四半期は不確実

アナリスト、Ming-Chi Kuo氏は本日、コロナウイルスが今四半期のiPhoneの出荷にどの程度影響するか、スマートフォン市場全体が今年上半期にどのように影響を受けるかを予測する新しいメモを発表しました

コロナウイルスを取り巻く状況が過去数週間にわたって発展してきたため、Appleは、iPhone 11の生産だけでなく、この春に予想されるiPhone SE 2/9で見られる影響について、さまざまなアナリストから予測を聞いています

これまでの予測のほとんどは、ウイルスがiPhoneの生産を減速させる可能性があるという一般的な警告でした

Ming-Chi Kuo氏は、最新の調査は、iPhoneの供給がコロナウイルスの影響を受けているとし、四半期のiPhoneの出荷が10%減少することを具体的な予測を発表しています、これにより、この四半期のiPhone出荷台数は3,600万〜4,000万と見積もられています

さらに将来を見据えて、同氏は、2020年第2四半期はコロナウイルスの流行がどのように起こるかを予測することは困難であると指摘しています

スポンサーリンク


コロナウイルスにより、Appleが2月9日まで中国本土の小売店と企業オフィス、コンタクトセンターのすべてを閉鎖したことが発表されています

世界全体のスマートフォン販売の減速に影響を及ぼす他の要因には、米中貿易戦争や5Gスマートフォンからの交換需要がブランドの期待よりも低い、などがあります

年末年始の中国のスマートフォン出荷量は60%も減少し、Kuo氏は2020年上半期、特に中国企業にとって難しいと予測しました

(Via 9to5Mac.)


また、Apple(AAPL)の株価は1月29日に過去最高の324.34ドルを記録した後に下落を続け1月31日には 309.60ドルの終値となっています











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)